ペットとのより良い関係を作り上げていく
お手伝いが出来る動物病院でありたい

地域密着型の医療をお届けします

症状別治療方針:一般診療

食道内異物

食道内異物は、食品(ジャーキーや動物の骨など)や食品でない異物(釣り針やおもちゃなど)の誤飲によって起こる食道内の停滞のことをいい、①食道起始部、②胸腔入口付近、③肺門/心基底部付近、④食道括約筋・噴門部の4箇所で特につまりやすいと言われており、異物が胃内に達する前に留まるために、嚥下困難や呼吸困難、咳や嘔吐などの症状が現れます。

食道内異物の診断は、異物を飲み込んだ場面を目撃していればその情報が頼りとなりますが、そうでない場合はバリウム造影でのレントゲン検査で診断できる場合が多いです。

食道内の異物は長期間停滞していると、食道炎や食道の狭窄を引き起こし、最悪の場合には食道穿孔を起し死に至る場合もありますので、早急な診断と治療が求められます。

(食道内異物のレントゲン)

レントゲン写真

異物が心臓の上で停滞しているため、バリウムが流れずに食道内に貯留しています



(同症例の内視鏡所見)

異物(果実?)除去前

異物(果実?)除去前

異物除去後

異物除去後

診療時間

048-838-1060

月、火、木~土
午前   9~12時
午後   16~19時


午前   10~12時
午後   13時~16時

祝日
午前   9~12時
午後   休診

日曜、祝日午後
休診

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・その他

診療科目

皮膚科・循環器科・消化器科・泌尿器科・内科・外科・脳神経科・免疫疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町4-11-12 タバタビルディング1F

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
各種カード使用可能
クレジットカード種類

各種保険取扱いについて
アイペット窓口精算対応可能

アイペットペット保険対応動物病院

(診療の際は保険証を必ずご提示ください)
他各種保険対応可能

診療明細書発行

*診療報告書、経過報告書などの各種書類発行も可能です。
ご不明な点がございましたら、受付スタッフまでお問い合わせください

ライフメイト動物病院グループ
BreederONE